2011年02月20日

会いたい!

親友


今日は35年来の親友と電話でお話しました。

若いときに上京して会社の寮に住んでいたときの
お友達です。

毎日寝起きを共にすると田舎に居る家族より
家族らしくなり本当に親友でした。

私が足を骨折した時も、交通事故にあった時も
洗濯も食事も全部お世話になり、本当に
妹みたいな存在でした。

会社の寮なので部屋変えがあるのですが、
いつも私と一緒がいいという。

一度だけ別の部屋になったのですが、
会社から帰っても、食事の時も、余暇も
いつも私の部屋に来ていた。

私などをそこまで信頼してくれる友が
とても大事な存在でした。

彼とのデートにも時々連れて行きドライブしたり・・・

懐かしいな〜

遠いところ友達3人で結婚式にも来てくれた。

親友、今も・・・


年に7〜8回くらい電話でお話するのですが、
「元気?〜」
から始まり直ぐに当時の雰囲気になるのが不思議です。

あまりにも遠いので会えないのですが、

「いつか会いたいね〜^^;」が合言葉!


「兄弟は他人の始まり・・・」なんて淋しい言葉も
聞いたりしますが、長く生きていると、
それもあるかも・・・
と、思う寂しさ・・・


その点親友はどうしてこうも会いたいのだろう?

お互いに意識しなくても節度を持って接するからかしら・・・?
と思ったり・・・


兄弟・姉妹だからといって我がままを言ってるとは
私は思わないのだけど・・・


長く生きれば生きるほど色々見えてくる。

でも、今日も精一杯生きたからいいかな?るんるん



posted by わかめちゃん at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。