2011年03月03日

94歳の母



今日は久しぶりに母に会いにいってきました。

今日は時折突風が吹いて寒い一日でした。

実家の94歳の母に会いに・・・

兄達の部屋に挨拶をし母の部屋へ^^;

私「は〜い!暫くだね〜元気だった〜?」

母「あっ、びっくりした!たつこなの?」

私「うん、そうだよ元気だった?」

母「うん、なんと暫くだ事〜、待ってたよ〜」

私「そうか?風邪引かないでいた?」

母「先日風邪引いて咳が酷くてね?でも、
 デイサービスも休まず行ってたよ?」

私「そうか、そうか、デイサービスは
 休まず行った方がいいよ?
 外の空気も吸わなくっちゃね?
 気晴らしになるから・・・」

母「うん、母さんもそう思ってさ。
 みんなと話していると楽しいから。

 この頃は日増しにお母さんの手を借りる事が
 多くなって来て申し訳なくて・・・

 いつまで生きるんだろうね?

 先日医者に診察してもらったら、心臓も異常なし、
 頭も異常なし、目も変化なしって言われた。

 だから、「先生いつまで生きるんでしょうね?」
 と聞いたら「死ぬまで生きるの。」って言われた。

私「そうなんだ、でもね、94歳なんだから仕方ないよ。
 素直にお世話になればいいんだよ。
 母さんがいつも言うように、
 
 「年寄り叱るな行く道だから・・・」

でしょ?と言うと「そうだね!」

そんな会話をしながら1時間いて、兄達とも
1時間談話して帰りました。

母は後どのくらいの寿命か解らないけれど、
以前のように自分から死のうとする事の無い様にと
祈るばかり。

生きるのも大変、死ぬのも大変な世の中ですが
寿命を行き切って欲しいと願うばかり。


途中、友達の家によりお茶をして・・・

私が行くからと「牡蠣ごはんとお煮しめと
若布のおひたしと漬物と、スイーツ」を作って
待っててくれました。

私はお雛様なのでちらし寿司とがんづきと果物と
飲み物を持って行きました。

3時間お茶をして来ました。^^;


posted by わかめちゃん at 23:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。