2011年02月24日

胎盤の役割?

今日は胎盤の役割に付いて


・腎臓

胎児の老廃物の処理と、処理された老廃物を
母親の血液に送り出し排泄作用を行っています。

・脳下垂体・卵巣

胎児が成長するためのホルモンの分泌だけでなく、
母体のホルモンのコントロールも行っています。

・脾臓(ひぞう)

病原菌や異物などが胎児の体内に侵入するのを防ぐ、
免疫作用を行っています。

・小腸

タンパク質資源として胎児が利用するのは
アミノ酸のみとされています。

胎盤では、母親の血清タンパク質の消化・分解を行い、
アミノ酸として胎児に送っています。

プラセンタが含む「成長因子」!

この、「成長因子」が細胞の増殖や、
分化を促進させるのです。

新陳代謝が活発化され、肌や体の傷ついた部分が
修復されるのです。

この、「成長因子」はプラセンタでしか得られないもので、
他のサプリメントではけっして摂取できないものです。


あの、それほど大きくもない胎盤で
これだけの働きを果たしているのですから、
プラセンタの含有成分が多種多様にわたるのもうなずけますね。


私もプラセンタの効果を感じているひとりです。



人間の臓器の機能についての知識がまだ浅かった古代の人たちも、
胎盤のもつ機能に驚いたことでしょう。

彼らがプラセンタに価値を見出したのは、
もっともな話ともいえますね!^^;




posted by わかめちゃん at 18:32| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

プラセンタって?


プラセンタってご存知?

胎盤はプラセンタ・エキスの元とも言うべき、
物なのですがどのような働きをするのでしょう?


少し詳しく見ていくと、
人間の場合ですと、妊娠2ヶ月ほどで胎盤があらわれ始め、
妊娠4ヶ月までは胎児とともに胎盤も成長していきます。


最終的な重さは平均で500〜600グラム、
大きさは直径15〜20センチほどで、
厚さ2〜3センチほどの円形または楕円形をしています。


胎児と胎盤をつなぐものは臍帯(さいたい)、
いわゆる「へその緒」です。


臍帯を流れる血液を通じて、胎児は胎盤へ老廃物を送り、
母体から栄養素や酸素などを受け取っています。


ですが、
母体と胎児の血液は混じり合うことはありませんので、
母子間の血液型の違いによる血液の凝固はおこりません。


胎盤のもっとも胎児に近い側には羊膜という膜があり、
羊膜を取り除くと、絨毛(じゅうもう)と呼ばれる、
ツリーの形をした毛のようなものがたくさん生えています。


ツリーでいう幹にあたる部分は胎児側と繋がっており、
ツリーの一番上にあたる部分は母体側に繋がっています。


この間にある、枝分かれしたツリーの葉にあたる部分を、
浮遊絨毛といい、絨毛内には胎児の血液が走っています。


胎盤の母体に近い側では、母体の血管が開口しているため、
胎盤内は母体の血液で満ちています。


胎児の血液が絨毛を流れる間に、絨毛の膜を通して、
いろいろな物質の交換が行われています。


胎児と母体の血液が混じりあわないのは、
こうした構造によるもので、この構造のことを
「プラセンタバリア」といいます。

それでは続きはまたあ・し・た!!
posted by わかめちゃん at 18:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

今日も・・・

今日も暖かい一日です。

今年の冬は寒かったり、暖かかったり、
豪雪、火山の噴火、鳥インフルエンザと
大変な冬です。

夏の暑さがあまりにも異常だったので、
今年の冬はどんな冬なのだろう?と思うと、
正直不安でした。

夏が暑い年は冬は暖かいという人もいた。
でも、私は正確な根拠など無いのですが、
何か不安で凄く寒い冬になるのでは?と
思ったりしました。

あくまでも根拠などないのです。

なので、昨年暮れの嵐にはびっくりでした。

新年になれば、豪雪、噴火などなど、とても大変な
1年の始まりです。

今日のように暖かい日があると福寿草があちこちで
咲いています。

毎年同じところに咲いて春を告げてくれます。

変わらずぽっこり芽を出してくれるとほっとします。


日本には四季があるので季節の移り変わりは有るのですが、
季節の移り変わりより激しい、人の心の移り変わりに、
最近、何ともやりきれない気持ちの私・・・


それに、四季があるのにスーパーに行くと
季節のものでなくてもいつも売っている。


今はもう、たらの芽、ふきのとうなどが出ている。

たらの芽もふきのとうも自然に生えてくるものは
香りが違うし、味も違う。


4月5月に山から取ってきたたらの芽やふきのとうの
美味しいこと。

季節の味は息子、孫と伝えて行きたい。





posted by わかめちゃん at 11:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。